メニュー

神経ブロックによる痛みの治療

神経ブロックとは、麻酔を用いて痛みを緩和させる治療法です。
痛みを伝えている神経近に局所麻酔薬を注射し、痛みの伝達を止める治療法です。
痛みが出ると血流の低下が起こり、さらに組織の修復が悪くなるという悪循環が起こります。この悪循環を遮断し、改善するのが神経ブロック治療です。

当院で行う神経ブロックには主に

4つの種類があり、痛みの症状によってこれらを選択します。

星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック

痛みの原因となる神経線維の末梢神経や交感神経節に対し、局所麻酔薬を浸透させることで、神経そのものの機能を一時的に麻痺させ、交感神経を抑制し痛みの伝達をブロックします。

交感神経節ブロックとも呼ばれます。神経痛だけでなく顔面神経麻痺・突発性難聴・多汗症の治療などにも用いられます。

星状神経節は首の付け根付近にあり、ここには頭・顔・首・腕・胸・心臓・気管支・肺などを支配している交感神経が集まっているため施術の応用範囲が広く、神経ブロック療法の中では最もポピュラーな方法です。詳しくはこちら

 

硬膜外ブロック(仙骨ブロック)

硬膜外麻酔と同様の方法で行う方法です。硬膜は脊髄を取り囲んでいる一番外側の膜で、硬膜と黄色靭帯との隙間のことを硬膜外腔と言い、ここに局所麻酔薬などを注入します。府中駅前クリニックでは仙骨ブロックのみ行っております。

肩甲上神経ブロック

肩甲切痕もしくは棘上窩を走行する肩甲上神経周囲に局所麻酔薬を注入します。
注入することで肩関節やその周囲に生じる痛みを緩和する治療法であり、
痛みの伝わりを神経レベルでブロックできるため、強力な鎮痛効果をもたらします。肩関節周囲炎や石灰性腱板炎、肩腱板損傷などの肩に痛みが生じる疾患でブロックの適応になります。

トリガーポイント注射

筋肉などにある痛みのポイント(圧痛点)に直接、局所麻酔薬などを注射する方法です。

一般的な麻酔注射のイメージです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME